「老朽原発うごかすな!緊急FAX」にご協力ください!

関電の40年超えの老朽原発、高浜1、2号機、美浜3号機に対し、今年1月高浜町長、美浜町長が同意を表明しました。
また2月12日、「運転に同意するには、関電が使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外候補地を示すことが前提」としていた杉本福井県知事は、経産大臣、資源エネルギー庁長官、関電社長との4者会談の後、それまでの姿勢を一変させ、16日の県議会初日、「再稼働に向けた議論を開始するように」と県議会に要請しました。

県議会では多数の反対が起こり2月定例県会(3月17日閉会)は結論を先送りしましたが、その最大会派の県会自民党は、「安全確保(?)と地域振興の確実な担保(お金と優遇策など)」を国から勝ち取りたい思惑があり、国の対応次第では、閉会中審議や全員協議会などを行う意向をしめしているため、予断を許さない状況です。

早ければ4月上旬の拙速な同意が出されてしまいかねない重要な局面です。
いま「老朽原発うごかすな実行委員会」などで拙速な結論を全員協議会で出さないよう請願・陳情を出し、福井県議会に圧力を加える取り組みが展開されています。

ここで止める事が出来れば、6月9日テロ対策特重工事期限となる高浜第1号、同第2号は、約2ヶ月前の4月上旬までがその稼働同意のタイムリミットから当分の間稼働を阻止する事が可能です。

全国の原発をめぐっても、関西電力の原発稼働をめぐっても大きな山場を迎えています。みなさんのご協力をお願いします。

問い合わせ先
ZENKO関電前プロジェクト 秋野
090-1588-6351
hiyoko1735@ymobile.ne.jp