DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)大会に参加して─ZENKOから大会へ連帯メッセージ:全米のDSAメンバーへZHAPを紹介しました【動画】

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)大会にZENKOから参加!

ZENKO:日南田成志

8月1日から8日まで開催されたDSA(アメリカ民主主義的社会主義者)の隔年大会に招待され、ZENKOを代表して参加しました。

前回2019年夏のアトランタ大会に初めて参加した時は、まだパンデミックの前で、大きなホテルを借り切って1000人強の代議員が現地に結集し、若さと熱気に包まれた大会を目の当たりにして、米国内の政治情勢に地殻変動が起きている、とりわけ若者の間に民主主義的社会主義がこれほど広がっているのかと、驚いたのを覚えています。

今回は、新型コロナ感染症大流行のため、全面オンラインの開催となりましたが、前回大会を上回る約1300人の代議員が全米から参加。
8月1日のオープニングでラシーダ・トレイブがスピーチしてから、8月8日の閉会集会で新たな18名の全国政治委員が発表されるまで、数多くの決議案、修正案の討論と採決、新たな政治綱領の採択、ゲストを交えてのパネル討議、組織内の諸委員会が主催する分科会などがびっしりとスケジューリングされ、あたかも実際に現地に集って議論しているかのような錯覚に陥るほど見事なZoom操作で、大会は見事に成功をおさめました。

ZENKOを含む海外オブザーバー資格で参加を許された諸団体は5分程度のメッセージビデオをあらかじめ送付し、大会期間中に順次ストリーミング配信によって参加者に紹介されることになっていました。

ZENKOが今年に入ってから、DSA国際委員会の仲間とともに進めてきたZHAP(ZENKO辺野古反基地プロジェクト)では、2021 ZENKO in 大阪が終了してからすぐにメッセージビデオを作成しDSA国際委員会事務局へ送付していました。DSA大会期間中、国際委員会が主催する主なセッションが2回組まれていて、その内のいずれかで海外オブザーバーのビデオメッセージの配信が予定されていました。
が、実は事後判明したことですが、大会の期間中DSA大会のサイトがサイバー攻撃を受け、一度全面的にダウンしてしまったために、大会テックチームがサイトを修復するのに一定の時間がとられ、何本かのビデオメッセージは大会期間中の配信ができなかったのです。

しかしながら、それらのメッセージも含めすぐにYouTubeのDSAのチャンネルにアップされ全米のDSAメンバーに紹介してもらうことができました。以下がZENKOから送った連帯メッセージの内容です。

※動画メッセージはここから見ることができます。

(和訳版)

DSA大会に全米各地より結集された代議員同志の皆さん
全世界から参加されている海外オブザーバーの皆さん
国際委員会及び事務局の同志の皆さん、来賓、スタッフ、関係者の皆さん

「先人の残り火から、新たな明日のための社会主義」をテーマに開催される歴史的なDSA大会にご招待いただき、こうしてお話しする機会を与えて頂きましたことは私たちにとって大変な光栄であり、深甚なる感謝を申し上げます。私は日南田成志と申します。ZENKOを代表して日本からの熱い連帯の挨拶を送ります。

ZENKOは平和と民主主義をめざす全国交歓会の日本語の略称です。51年前に結成され、昨年50周年を迎えました。MDS(民主主義的社会主義運動)とタッグを組んで、グローバル資本主義の新自由主義政策と闘うため、反戦・反基地・平和、労働、反原発、環境、教育、子育て、協同組合等、多彩な戦線で、草の根レベルから全国的な運動を展開しています。現在では、それぞれの地域で自治体選挙にもチャレンジし、6名を地方議会議員を送り出してきました。

前回2019年のアトランタでのDSA大会に初めて招待を受け参加しました。そうです我々とDSAとの関係は2019年にDSA国際委員会のメンバーを通じて始まりました。あれから2年、今回は単なる一方的なご挨拶以上のお話をすることになります。

今年に入ってから、私たちはZHAP(ZENKO辺野古反基地プロジェクト)を開始しました。日本列島の最南端にある小さな島、沖縄に建設が進められている米軍海兵隊の辺野古新基地計画。計画が持ち上がってから既に24年、圧倒的多数の沖縄県民が反対し続けている巨大な新基地建設のために、手つかずの自然を保つ奇跡の海の埋め立てが始まっています。その海全体が世界最高水準の生物多様性を擁するホープスポットに認定されているにもかかわらずです。今すぐにでも埋立て工事を止めたい、なんとしてでも止めたいという強い思いからこのプロジェクトを立ち上げたのです。

予定地に海底には軟弱地盤が発見され、2つの活断層が核兵器貯蔵の疑いもある弾薬庫を挟むように走り、さらに埋め立て用に採掘される土砂には、76年前の沖縄戦では12万以上の住民が倒れ、未だ行方不明の兵士―それには228名の米兵も含まれていますーの遺骨が含まれている可能性も高く、戦争で倒れた者への冒涜であると島民の憤激を呼んでいます。工期も工費も当初予定を大幅に超過し、いまだに完成のめどすら立っていません。米軍再編の中で海兵隊のグアム移転も想定される中にあっても、日米両政府は辺野古にこだわり続けているのです。

日本政府は、米軍との軍事一体化を加速させ、沖縄・南西諸島での軍事要塞化をさらに強めています。新たにインド太平洋戦略を展開し、中東・アフリカまでの軍事介入を狙いながら中国や朝鮮を仮想敵国として米国とともに緊張激化路線を進め、その拠点として辺野古新基地を位置付けているのです。

したがって、辺野古を止めることは、日米グローバル資本主義(=帝国主義)の極東における基本戦略に風穴をあけ、東アジアの平和を大きく切り開くことを意味します。国際的な反戦・反基地運動の連帯によって必ずや彼らの企てを止めなければなりません。

ZHAPは、DSAのメンバーとの共同により、辺野古を止めろ!の声を直接バイデン政権に届け、その圧力によって、この無謀な計画を断念させる国際的賛同運動です。DSA国際委員会がその呼びかけ人に加わってくれました。Change.orgを使ったオンライン署名の拡大と同時に、地域街頭でも賛同署名を広げるキャンペーン日本側では開始しています。先週開催した2021 ZENKO in 大阪は、ZHAP分科会には10名近くのDSA国際委員会の同志の参加が実現し、ZENKOの仲間と直接辺野古を止めるための意見交換をすることができ、私たちは大きく励まされました。

DSA大会に結集された全米のDSAの同志の皆さん、ぜひとも〝辺野古を止める〟ZHAPキャンペーンを組織内外に広げて頂き、沖縄の在外米軍基地について大きな世論に高めていけるよう、日米の民主主義的社会主義者の共同の国際連帯行動として、ともにこのキャンペーンを成功させることを強く訴えて、ZENKOからの挨拶に変えさせていただきます。

国際連帯万歳!
民主主義的社会主義万歳!

ご清聴ありがとうございました。

(英語版)

Delegates to DSA Convention from across the US
Overseas observers from around the globe
Comrades in the International Committee and in its secretariat, honorable guests, and all the staff of this Convention

I am deeply grateful and honored to be allowed to address this historic DSA Convention held with the theme; ‘From the Ashes of the Old, Socialism for a New Tomorrow. On behalf of ZENKO, I extend to you our comradely greetings of solidarity from Japan.

ZENKO is a Japanese abbreviation of National Assembly for Peace & Democracy. It was founded 51 years ago in 1970, and we celebrated its 50th anniversary last year. Teamed up with MDS (Movement for Democratic Socialism), we are engaged in nationwide campaigns to oppose neoliberalist policies of global capitalism in a variety of fronts such as ant-base peace movement, labor rights, anti-nuclear power generation, the environment, education, childcare, workers’ cooperatives, etc. In the electoral campaigns, we have sent 6 members to local assemblies, so far.

We were invited to the last DSA Convention held in Atlanta, which I attended in the summer of 2019. Yes, our relationship started in that year through comrades of the International Committee. Two years on, this time, I have more to tell you than a mere piece of solidarity greeting message.

We, ZENKO, launched ZHAP (ZENKO Henoko Anti-base Project) at the beginning of this year. On a small island of Okinawa, which is located at the southernmost tip of the Japanese Archipelago, is an ongoing US Marine Corps base construction in Henoko. 24 years on since the project was first conceived, in spite of the overwhelming majority of Okinawans strongly opposing the base, the government still continues the reclamation work, throwing in earth and sand into the sea. Into the sea where miraculous pristine nature is preserved. The whole area surrounding the construction site is designated as a Hope Spot that harbors one of the top-levels of biodiversity in the world. We should stop it, and stop it right now, in any way possible. This is how we came to launch this ZHAP campaign.

A super-soft seabed like mayonnaise has been discovered in the planned site and two active fault lines have been found to run right beneath this area. In between the two fault lines is a powder magazine that is suspected to store nuclear warheads. In addition, the earth and sand to be dug for land reclamation will most likely contain the human remains from the Battle of Okinawa of 76 years ago, when over 120 thousand Okinawans were killed. The human remains include the bones of those fallen soldiers still missing in Okinawa, 228 US soldiers, included.  This makes Okinawans angrier, for it is an act of desecration of war victims. The time of completion and the cost of construction have far exceeded those originally planned by a large margin and no one is sure of its completion. Both Japan and US governments stick to Henoko even though there is speculation to move the US Marine Corps to Guam following its realignment plan.

The Japanese government has been accelerating the military amalgamation with the US and advancing the fortification of the Southwest Islands. It is developing FOIP (Free & Open Indo-Pacific) strategy with a view of militarily intervening in the Middle East and Africa.  Henoko sits at the center of this new strategy, where Japan and US intensify tensions, regarding China and DPRK as potential enemies. Therefore, to stop Henoko means to foil the grand design in the Far East for both Japan and US global capitalism. It will be a great step forward to establishing peace in the East Asian region. We have to stop Henoko by means of international solidarity of anti-war and anti-base movements. 

ZHAP is an international campaign to expand endorsers to this project to STOP HENOKO and directly pressure the Biden administration to give up the preposterous plan. DSA International Committee has joined ZHAP campaign as a co-sponsor. In Japan, we have started collecting endorsers online through Change.org as well as in-person through street and community campaigns. In the ZENKO National Assembly we held last week, about ten comrades from the International Committee joined the discussion about this campaign in the sub-session on ZHAP. We were greatly encouraged by their participation and our sharing ideas with them..

All the comrades attending this Convention, I appeal to you to spread the word of ZHAP to stop Henoko in and out of your organization and raise the public consciousness about the overseas US military bases in Okinawa. Let me conclude this speech by reaffirming our commitment to advance the ZHAP campaign as part of the international solidarity work between Japan and US democratic socialists till our final victory!

Long live international solidarity,
Long live democratic socialism!

Thank you for listening.