【報告】土砂搬入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8.11県民大会

 

県民大会が始まる前に、6月23日慰霊の日の翁長知事の肉声が流されました。
開会後、8月8日に亡くなられた翁長知事への黙祷が行われました。台風14号が沖縄に接近しており、雨が激しくふり出してきました。「涙雨そして怒りの雨ではないか」と共同代表からの発言がありました。

黙祷

翁長知事の御子息 翁長雄治さん

翁長知事の御子息の翁長雄治(たけはる)さんは、翁長さんが生前病室でも「どうしたら辺野古新基地を止められるか、病室のベッドでも資料を読みあさり頑張っていた」と紹介。「沖縄は試練の連続だが、ウチナーンチュが心を一つにして闘うとき、想像よりはるかに大きな力になると何度も何度も言われてきた」「辺野古の基地を撤回させたと父に報告できるようにがんばりましょう」と発言、翁長知事がこの日の為に用意していた辺野古ブルーの帽子が翁長さんが座るはずだった椅子に置かれました。きっと見守ってくださっていたことでしょう。

「辺野古新基地NO!」「県民はあきらめない」のメッセージボードを掲げました。会場となった那覇市奥武山陸上競技場には続々と参加者が詰めかけてその数は6万人。最終発表では7万人が参加!
開催地の城間幹子那覇市長「知事はうちなーのこころを思って闘ってこられました。県民がひとりひとり安心して暮らせるようにがんばりましょう」
出席者紹介では国会議員・県議会議員、照屋議員、赤嶺議員、玉城議員、糸数議員、伊波議員、会派のみなさん、市長などが列席されました。

山城博治現地闘争部長は「いばらの道だが歴史を開くのは私たちだ。翁長さんに感謝したい、本日は私たちががんばる決意を語る場だったはず、海保の暴力をはじめ、様々な妨害にも負けず、座り込みを続けてきた。県民、全国のみなさん引き続き支援をください。腹を据えて頑張っていきましょう」

連帯のあいさつでは

  • 政策集団新しい風にぬふぁぶし 金城共同代表、金秀グループ 金秀興産代表取締社長 山城敦子さんは、「沖縄は非常事態、墜落や米軍へりの窓の落下などありえない事故ばかり、市民の安らかなくらし、自然を犠牲にしてはいけない、基地は沖縄の経済発展の最大の阻害原因、自然との共生が大切。日本政府は県民をあきらめさせようと躍起になっている、しかし、根負けするのは政府のほう、子や孫のためにともにがんばっていきましよう」
  • 琉球大学名誉教授東教授のメッセージ「環境監視委員会を辞職しました。ジュゴンの生息などをとりあげるようにいっても都合の悪いことは議事録にはのせようとはしない、都合の良いことしか載せない。開発一点張り、工事をすすめるための委員会。辺野古、大浦湾の環境はすばらしい、埋めるのは自然破壊、絶対にやめさせるべき」
  • 総がかり行動実行委員会 福山代表「東京で沖縄の闘いに学び、分裂していた運動を統一し闘ってきました。憲法破壊、私物化、改悪しようとする安倍政権は絶対に許せません。辺野古基地建設をするな、土砂を埋めるな、新基地をつくらせない。知事の決意表明は沖縄県民、私たちとともにあります。この秋最大の山場、絶対に負けるわけにはいきません。最重点課題を沖縄と位置づけます。安倍政権のこれ以上の勝手を許すわけにはいきません」
  • 県知事代理者あいさつ 謝花副知事「辺野古に新基地つくらせないこの知事の意思をついで、全力で闘いたい。県民の民意を無視する政府に対し、激しい怒りを県民が抱いていることを政府は理解すべきである。軟弱地盤、活断層の問題など様々な事実に目をむけず、8月17日から埋め立てを行うという政府の要求をとうてい受け入れることはできない。県は普天間の5年以内の運用停止を求めてきましたが、なんら対応を示さない。撤回は聴聞の審理状況を踏まえ、翁長氏の辺野古新基地をつくらせないとの強く熱い思いを受け止め、毅然(きぜん)と判断する」

決議文提案を玉城共同代表が「沖縄、この空、土地はだれのもの、うちなんちゅーのもの。とてもつらい、悔しいが子や孫に基地を残したくない。これから沖縄をになって行く世代にも伝えてください」と読みあげられました。
「ジュゴン、ウミガメなどの生きていくための豊かな海藻藻場、希少サンゴ類の生息環境を破壊する土砂投入計画をただちに撤回すること。活断層、軟弱地盤があり、辺野古新基地建設の立地条件は成り立っていない。建設計画を直ちに白紙撤回すること。
沖縄高専などの集落は、アメリカの安全基準である高さ制限に抵触、児童生徒と住民の生命と財産を脅かす新基地建設を直ちに断念させること。欠陥オスプレイ配備撤回と飛行の直ちに禁止。普天間基地閉鎖・撤去要求」の決議が大きな拍手で採択されました。

最後に「辺野古に新基地は絶対つくらせない。翁長知事、4年間おつかれさま、そしてありがとうと感謝の思いをささげたい。本日の追悼の集会で知事の意思をしっかりと引き継ぎ、白紙撤回の答えを知事に届けられるように、お互い確認し、新たに闘う決意を確認したと思います。これからも闘っていきましょう」と稲嶺進共同代表が締めくくられました。

悪天候の中、19名のZENKOメンバーは、3000万人署名を357筆、新署名「東アジアの平和を求める署名」341筆を1時間たらずで集めることができました。多くの方が「がんばってください」「ありがとう」と署名をしてくださいました。

ずぶ濡れにはなりましたが、7万人ものみなさんと、命を削ってまでも県民とともに闘った翁長知事への祈りと、安倍政権に対するこみ上げる怒りを共有し、そして最後に手をつなぎ、「がんばろう」と一致団結!
「辺野古新基地建設阻止!」、「命と民主主義を守る闘い」、「安倍政権打倒」に、これからも闘い抜くことの意志を確認しあった大会となりました。

ZENKO関西A