排外主義を許さず、東アジアの平和へ─日韓市民による共同行動

日韓の市民連帯で、日本政府による嫌韓キャンペーンを許さず、経済制裁撤回、ホルムズ派兵・辺野古新基地・サードミサイル配備阻止を

8月14日に韓国・プサンの市民運動が呼びかけた「日韓平和市民共同宣言」の署名運動は、8月31日日本側の署名運動も集約され結果が発表されました。

個人 882名<公表可349名 公表不可533名>
団体 34団体

日本側としては、8月12日から街頭で署名運動が取り組まれ、暑い中わずか3週間で900名にちかい人々から署名がよせられました。
戦後最悪という日韓関係を壊し続けた安倍政権の排外主義を許さず、日韓の市民が共同して平和構築のために共同行動に立ち上がった意義は大きいです。
協力していただいた皆様、ありがとうございました。

↓画像クリックでPDFがダウンロードできます↓