基本的人権を破壊する緊急事態宣言発動を許すな!─“コロナ 「 緊急事態宣言 」 反対!十分な検査・医療確保と生活保障・休業補償を求める緊急署名”にご協力を

◆3月26日、安倍首相は新型コロナ特措法に基づき、政府対策本部を設置する方針を決めた。これにより「国民の生命や健康に著しく重大な被害を与える恐れがある場合」と、「全国的かつ急速なまん延によって国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある場合」の二つの要件をいずれも満たす場合、緊急事態宣言を行うことができるようになる。

緊急事態宣言の下では都道府県知事は外出自粛、学校、映画館などの多くの人が集まる施設の使用制限を要請できることになる。またNHKに対し安倍首相が「必要な支持をすることができる」ことになる。さらに「特に必要がある場合には土地や建物を所有者の同意を得ずに使用できるようになる。憲法に保障された集会の自由は侵害され、報道は政府の都合のいいように変えられ、個人の所有地も政府の思うがままに収容されることになる。

緊急事態宣言は恐るべき基本的人権破壊、反民主主義の措置である。安倍首相はこれまで、オリンピック開催のために検査をできるだけ行わず感染者数を少なく見せてきた。しかしオリンピックの1年延期で安倍首相の任期内での実施が可能となると、「改憲」条項を先取りするために緊急事態宣言に踏み切ろうとしているのである。

◆すでに小池東京都知事は外出自粛を要請し、埼玉、神奈川も千葉も同調している。すでに緊急事態宣言の先取りというべき動きが作られている。

今必要なことは市民が安心して生活ができるように、医師が検査の必要性を認めた場合すべて無償で検査を受けられるようにすること、医療機関がコロナに対応できるための予算措置を直ちにとること、正規、非正規、フリーランス、自営業を問わず生活防衛のための資金を支給すること、中小企業に対し企業存続できるための資金を供給すること、であり、安倍首相が勝手に基本的人権を破壊して好き勝手なことをすることではない。緊急事態宣言による実質「改憲」を許してはならない。

平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
TEL:090-8536-3170(山川)  HP http://www.zenko-peace.com/

下記緊急署名にご協力下さい!